ColumPus

ColumbusのたまごColumnブログ

随想

まいにち投稿2020について雑感

今年のまいにち投稿が83日目でおわった。日々思いついたことを書くスタンスで書いてきたところ、こんなに長くなってしまった。 「ねるまでに投稿をする」「内容は無くてもいいしなんでもいい」「投稿できなかったらできなかった記事を書く」くらいの縛りで1…

【まい投2020-81日目】「思うを使うな」という呪い

『「〜だと思う」を使ってはいけない』という漠然とした強迫観念めいたものを持っていた。 思う・感じるを使うと「文章や口に出して何かを伝えるときにわかりづらくなるから断定の『〜だ』を使え」と学校でよく教えられると聞くし、僕もそう聞いた。実際「A…

【まい投2020-80日目】犠牲という名の依存

打てば響く鐘という言葉があるが、打ったとおりに響くだけが鐘ではない。 xという強さで叩かれたとき、yという振幅で触れるとしよう。 誰かの意向に立ち向かう反抗は、のグラフのように、xに対してyが反対の値をとり続けようとすることだ。 打てば打つほど減…

【まい投2020-79日目】継ぎはぎの地図とパッチ

地図を作るのに必要なのが測量だ。 測量によって直接測っているのは線分の「距離」、「基準線に対する角度」、「高低差」である。線分だから測量士は大抵2人1組で仕事をしている。彼らは高々数十メートル離れた2点の「距離・角度・高低差」の測定値を、地図…

【まい投2020-74日目】好奇心と空気分子

空気中の気体分子は平均するとおよそ秒速500mの速さで運動している。とてつもない速さだが、目の前にある分子が1秒後に500m先に進んでいることはほとんどなく、1方向に進める長さは平均すると常温常圧で60nm(ナノメートル)しかない。秒速500mで60nm進んで…

【まい投2020-69日目】なぜ〜すべきなんですか?

「すべき」「する必要がある」という言葉を安直に使ってしまう私たちは、それをなぜ「すべき」なのか知らない。 「なぜ勉強しなきゃいけないの?」という問いに対して、「将来の選択肢がたくさん持てるからだよ」「テストのためだよ」と答えるかぎり、その答…

【まい投2020-68日目】好奇心が焦燥感を連れてくる

1日の終わりに焦燥感がやってくる。あれをやりたかったのに出来てないなと考え出して、今やらなきゃとなる。 結構充実した日の夜でも、ふとやることがなくなった瞬間に「そういえば積んでた本があったな」と普段なら歯牙にもかけないことに意識がいく。試験…

【まい投2020-67日目】フィルターを外すことについて【5日目の再考】

5日目の記事にフィルターについて書いた。 フィルターとはメガネの度や色のように、認識や価値判断に差しはさまるクセを指した。 そしてフィルターはわたし自身を知る手がかりになり、手始めにフィルターを外していくのがよい、と結論付けた記事だ。まだ5日…

【まい投2020-64日目】人間の味方は人間

人が裸一貫で未開の地に放たれたら、彼は法律から縛られることがない。他の者を殺しても咎める者はいないし、盗みも姦淫もしようと思えばし放題である。彼を縛り付けているものは自分の能力の限界、もっと広く言えば物理法則だけだ。 いいことばかりでもない…

【まい投2020-62日目】ゲームとの付き合い方についての覚書|ゲームはあの日の勉強だった

それでもゲームが趣味ですか? ゲームが趣味です。 ゲームと言ってもソシャゲRPGとスマホTCGしか触っていない。もともと筐体は持っていないし、FPS、TPSも苦手だ。リアルTCGはやるが、出歩くことが減って最近買いそろえる機会がなくなった。…

【まい投2020-61日目】実在しない存在と自然

「自然」と聞いてまずイメージに浮かぶのは、流れる川、泰然と在り続ける海、そびえ立つ山、そして鳥やライオンなどの動物が生き生きとし、木々や美しい花などの植物が揺蕩う映像だ。 自然といえばかなり広範な意味をもつのだが、「人の手の入っていない、あ…

【まい投2020-58・59日目】「性格をなおす」について

「なおす」という言葉を自分なりに解釈するとこうなる。 「時や場所の基準点の状態に立ち戻らせる」「壊れたものをなおす」なら、壊れる前の時間を基準にして、その状態に戻そうとすることを言うし、 「間違った文をなおす」と言葉にすれば、なおされる文と…

【まい投2020-57日目】よりもどしとy=x+sinx

悪い自分を変えたり、良くなろうと思って行動を始めたとき、かならず「よりもどし」が起きる。数学の話を持ち出すと、 という形をイメージしている。 Aはよくなるスピード、Bはよりもどしの大きさである。 (周期も要素になるが今回は除外して考える) 「よ…

【まい投2020-56日目】最低ライン

ルーティンにしたいことがあって、それを続けるためには「最低ライン」を決めておくといい。 ルーティンをこなす前に疲れ切ってしまったら、ここまではこなしておく、という「最低ライン」があれば続けられる。 まいにち筋トレをしようと思うなら、「腹筋は1…

【まい投2020-55日目】人生複アカ理論

Twitterで複数アカウントを持っていると、アカウントによってツイートの文体が微妙に変っているのに気づく。フォロー欄も違うので、構成されるタイムラインも違ってくる。 ここから タイムライン→世界 アカウント→人格 というビジュアライズをすると色々と考…

【まい投2020-54日目】無関心と場の力

知らない人とエレベーターにいたとすると、自然と乗り合わせた人から目を逸らしてしまう。 同じように、電車の同じ車両にいる人をまじまじと眺めたりしない。 席が空いているとすぐ隣には座らないし、BOX席ならまず対角に席が埋まる。 このような振る舞いを…

【まい投2020-52日目】風車

風車(ふうしゃ)は昔から穀物の製粉・灌漑に使われてきた。今では風力発電で主に活躍している。 風車といえばフィン型の羽根が3〜4つついた大型のもの、というイメージが強いが、円筒形のものや、都市にも設置できる小型のものも開発されている。風車は、人…

【まい投2020-50・51日目】迷子のわたしを探しに行かなきゃ

人は往々にして、モノ同士の関係式から理解を進めている。たとえば 「おにぎりはうまい」→「外国の軽食、にパンを使ったサンドイッチというものがある。」→「パンと同じ炭水化物のご飯で具をサンドしてもうまそうだ」 みたいな感じである。「おにぎりはうま…

【まい投2020-49日目】どうせ神の子

誰かに理不尽な思いをさせられた時、「どうせ君も神の子だろ?」と思うようにしている。 僕は神のことを物理法則だと思っているので、「そんなこと言っちゃってるけどキミ、空飛べないでしょ?」「ロードローラーの下敷きになったらブッ潰れるでしょ?」みた…

【まい投2020-46日目】はぁ・・・まだ物理法則なんてものに囚われてるんですか・・・

世界の理解の仕方は人それぞれ微妙に違う。多様性が認められ始め、その感覚が広がってきた。 その中で、「はぁ・・・まだ物理法則なんてものに囚われてるんですか・・・人によって物理法則は違うんですよ!?(意訳)」という言説を目にした(ツイッターで)…

【まい投2020-45日目】囚われることは救い

人は何かに囚われて生きている。 【まい投2020-34日目】囚われているのは「誰」? - ColumPus インプットした情報を言葉に変換して思考している時点で、考えを言語に預けている。 性別・職業・役職みたいな肩書の側に立った考えを持つことも、偉大な存在を…

【まい投2020-44日目】意識高い系は視線高い系

他の人が遊んでる時間にテスト勉強したり、日常的に資格勉強してたりすると、「意識高い系」と揶揄されることがある。 この指摘で注目されているのは、努力することによる「自己アピールをしたがる虚栄心」である。 揶揄の仕方としては「まじめちゃん」とい…

【まい投2020-42日目】自分の内側・外側

服が後ろに引っ張られたとき、その抵抗を肌で感じるのは前側だが、なぜか「後ろに誰かがいる」と確かに認識できる。 身体の外側にあるはずの杖で、地面の形を見ながら歩けるのも不思議だ。自分が「外側に伸びている」感じがする。 身体の内側だからといって…

【まい投2020-41日目】じゃあどうすればいいの?

「これやっといて」と指示されたことを遂行して「そうじゃない」と言われると、「じゃあどうすればいいんだよ」という気持ちになる。 冷静になればわかることだが、「やってほしいこと」が「遂行結果」になるまで、何重ものフィルターがかかってしまうのが原…

【まい投2020-39日目】無限の好奇心

好奇心はものごとを知りたいという欲求として知られている。 知ることは、自分の外界にあるものに着目して、自分の中に観念をつくる行為だ。好奇心を語った格言に「人はうまれながらにして知ることを欲する」というものがあるが、原文の「知る」にあたる単語…

【まい投2020-38日目】摩擦

地べたにスリーブから出した消しゴムを置き、消しゴムを横方向にゆっくり押し、だんだん強めていくとする。加えた力と同じだけの摩擦力が消しゴムに加わっている間は、消しゴムは動かない。ある力の強さになると釣り合いが破れて消しゴムは動き出す。 動いた…

【まい投2020-35日目】バチはもう当たってる

悪事を働いた者が報いを受けることを「バチがあたる」という。 「バチを当てている」のは神様や仏様のような存在だ。鉛筆を粗末にすると「鉛筆の神様が〜」と言われたりする。 ただ、「悪事をはたらかれた者自身が罰を与えに来る」というイメージは無い。せ…

【まい投2020-32日目】まいにち投稿2020振り返り【1~17日目】

ブログコンセプトのコロンブスの卵。この記事にはそんなに関係がない。 今年のまいにち投稿を始めて31日が過ぎた。始めたのは中途半端だが、ちょうど1か月分で区切りがいいので紹介記事を書く。(過去記事を読んでほしいのもある) 今年の投稿は例年と違…

【まい投2020-28日目】大人と諦め

「大人になる」とは「諦めること」と誰かが言った。子どもの自分には良くわからなかった。 「大人」というワードが意味を持ちすぎて捉え所がないせいもあったかも知れない。 逆に「いつまでも子どもな人」と言うと、「純粋・やりたいことに素直・向上心を捨…

【まい投2020-27日目】なりたい自分になる自分に向けて

ここのところの記事、特に23日目と26日目の2つは「主観を他に明け渡すと、個性を喪失する」という裏(?)テーマで書いている。 【まい投2020-23日目】天と地の違い - ColumPus 【まい投2020-26日目】デッキ構築は対戦から - ColumPus 主観を明け渡す…